スズキST250のカフェレーサーカスタム6選!意外とかっこいいぞ!

ST250カフェレーサーカスタム

250ccのカフェレーサーのベース車として人気のST250。
本体車両の安さや、シンプルな構造、信頼のある頑丈なエンジンが人気でスズキが誇るロングセラーバイクです。

今回はST250のカフェレーサーカスタムをご紹介します。

新車の購入金額を安くする方法


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

大手優良バイク買取業者へまとめて一括で査定依頼することができ
あなたのバイクの買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

⇒ <バイク買取価格を調べるなら「バイク比較.com 」


Sponsored Link

SUZUKI ST250 ノーマル状態


ST250

バイクらしいバイクといったところ。

似たような他の車種と比べて一番違うところは、クラシカルな雰囲気をまとったセパレート式のシート。
ここにアイデンティティを持つオーナーさんは多いと思います。
ただし、カフェレーサーの基本はシングルシート。
泣く泣く取り替えるしかありません。

あと特徴的なのは、前後フェンダーでしょうか。
メッキじゃないんですね。
プラスチッキーなというか、悪く言うと安っぽい。
これをどうするかもオーナーさんのセンスにかかってきます。

ではこの車両がどう変わるんでしょうかね。
楽しみですね〜。


ST250 カフェレーサーカスタム


ST250カフェレーサーカスタム

最初に登場するのはスズキが公式にカスタムした「ST250 Cカスタマイズ」。

100台限定で販売されたそうです。
STは全部これだったらなあ。


ST250カフェレーサーカスタム

アクの強いカフェレーサーですね〜。

マフラーのエキパイの曲げ方が独特です。
おそらくタンクもSR用か何かの流用でしょう。


ST250カフェレーサーカスタム

ミリタリー色溢れるST250。

これに乗るときはヘルメットもそれに合わせてお椀型にしたいですね。


こんな感じ。





ST250カフェレーサーカスタム

セパハン、バックステップ、シングルシートと、基本を押さえた一台。
風切り板がクラシック感をグッと高めてます。


ST250カフェレーサーカスタム

フレームの色が可愛くて、雑貨屋さんに置いてあってもおかしくないですね(?)
可愛さの中にタンクの市松模様型のラインを取り入れることでレーシーさを演出しています。

しかもこれ、もともとはチョッパースタイルからここまでカスタムしたそうです。

Sponsored Link


以前の姿

ST250カフェレーサーカスタム

STのベース車としてのポテンシャルの高さが分かるかと思います。



ST250カフェレーサーカスタム

非常にまとまりのある一台。

タンクの赤いラインとシートのラインがかっこいいですね。
小ぶりなミラーもグッド!



いかがでしたでしょうか。

様々なST250のカフェレーサーをご紹介しました。
個人的には水色のフレームのSTがグッときましたね。
カフェレーサーの源流であるロッカーズの流れを完全に無視した、オーナーさんのこだわりがひしひしと伝わってきます。

今回、冒頭で述べたダブルシートをそのまま使った車両はありませんでした(おそらくバックステップとの兼ね合いだと思いますが)。
STこだわりのダブルシートを持った完成度の高いカフェレーサーが今後現れるといいなあ。

みなさんのカスタムライフの参考になれば幸いです。

Sponsored Link

新車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?


「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、しんしゃの購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

大手優良バイク買取業者へまとめて一括で査定依頼することができ
あなたのバイクの買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

⇒ バイクを高く売るなら「バイク比較.com 」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。