ハーレーのカフェレーサーカスタム(XLCR1977、XLH883)について

XLCR 1977 カフェレーサー

ハーレーダビットソンと言えばバイク乗りならずとも誰もが知る老舗のバイクメーカーです。

クルーザータイプとして定番の形。

ハーレー

アメリカのだだっ広い荒野をどこどこ走るために生まれました。
アメリカ本国では、一般にバイクと言えばこのタイプのことを指すそうです。

しかしそんなハーレーがカフェレーサーモデルを出していたことをご存知でしたでしょうか?

新車の購入金額を安くする方法


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

大手優良バイク買取業者へまとめて一括で査定依頼することができ
あなたのバイクの買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

⇒ <バイク買取価格を調べるなら「バイク比較.com 」



Sponsored Link


ハーレーのカフェレーサー


それがコチラ。

XLCR 1977 カフェレーサー


XLCR 1977 カフェレーサー

ビキニカウルにシングルシート、そしてバックステップと紛れもないカフェレーサーモデル。
XLCRのCRとはカフェレーサーのことを指します。

ハーレー創始者の孫であるウイリアム.G.ダビッドソンが「本当に自分が乗りたいバイク」というコンセプトをもとに作られました。


ウイリアム.G.ダビッドソン

ウイリアム.G.ダビッドソン

なんとこちらの車両、77年から78年のわずか2年間しか販売しておらず、しかも限定3,400台しか生産されていません。
しかも日本にはその後期モデルが150台しか輸入されていないというレア車。

簡単に言うと不人気だったわけです・・・。
当時のハーレーダビッドソンは再建の真っ只中。
品質が低下し当時のバイク乗りたちは見向きもしませんでした。

しかしそれが希少性を高め現在では入手するのが大変困難な状況となっています。

XLCR 1977 カフェレーサー
エキパイがX字になってるのも特徴的ですね。

XLCR 1977 カフェレーサー
XLCR 1977 カフェレーサー
XLCR 1977 カフェレーサー
XLCR 1977 カフェレーサー

いたるところに配色された黒、黒、黒。
ダークなイメージです。

また、シートレールとリアフェンダーが一体となることでテール周りのシャープさを引き出しています。


ベースとなっているのは当時のスポーツスター。
ですが、新たに設計されたフレームが使われました。

Sponsored Link


XL1000(1975)


XL1000(1975)

こちらのバイク、お笑い芸人のピース綾部さんが所有していることで有名です。

綾部XL1000

XLCRを購入しようか迷った時、先輩のケンドーコバヤシさんに相談したところ・・・。

綾部XL1000

と言われたとか(笑)
ハーレー乗りなら誰しも憧れるバイクだということが分かりますね。


それほど希少なバイクですので、本物はなかなか手に入りません。
ですが、レプリカを製作しているショップが複数あるようです。


XLH883 100周年記念モデル XLCRレプリカ


XLH883

こちらは2003年にハレーダビッドソン100周年を記念して販売された100周年モデルスポーツスターを、XLCR風にカスタムした車両です。
年式が新しい分、維持するのが簡単ですね。


いかがでしたでしょうか。
発売当時には評価を受けず、30年の時を経て脚光を浴びたなんてすごいロマンを感じます!

伝説のハーレーXLCR。

ハーレー乗りだけでなくカフェレーサー乗りなら一度はお目にかかりたい車両です。

Sponsored Link

新車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?


「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、しんしゃの購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

大手優良バイク買取業者へまとめて一括で査定依頼することができ
あなたのバイクの買取価格を競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

⇒ バイクを高く売るなら「バイク比較.com 」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。